Original

【お家の照明選びはこれを見れば完璧!】お部屋に合ったおしゃれ照明20選

お部屋は照明でその表情がだいぶ変わってくるもの。お部屋をおしゃれな印象にする第一歩は照明といっても過言ではないほど重要なアイテムです。でも、照明選びを考えようにもどんなものが良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回はお部屋別に照明の種類や特長を一挙に公開!照明選びの参考にしてください。

お部屋に合ったおしゃれ照明選び〜リビング編〜

リビングといえば家族団欒の場所。お家の中で一番人が集まるこの空間の照明器具選びは、ただ明るいだけではなく、朝、昼、夜に合わせた光の色を変化させられる照明器具がおすすめです。

朝は爽やかな昼白色の光でここちよく、夜は電球色のあたたかく落ち着いた雰囲気にするなど、生活シーンに合わせた光の色へ変える事ができる照明が増えています。

シーリングライト 〜機能性を追求した空間づくりに〜

照明器具の中ではポピュラーな照明ですね。リビングなどの広い空間にもおすすめです。イメージでは内装の木色に合わせてブラウン色のリングがついたシーリングランプを合わせています。

最近のLEDシーリングライトは明るさの調節から光の色を変える事ができる調色機能など、リモコン一つで様々な操作が可能になっています。

シーリングライト

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

ダウンライト 〜フラットな空間づくりに〜

空間を広々とフラットに見せてくれるダウンライトは、器具の存在感を無くしリビング空間に溶け込む、すっきりとした空間づくりには欠かせない照明器具です。最近のダウンライトには光の色を変化させたり、明るさを調節できたりと機能も備わった器具になっています

ダウンライト

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

シーリングスポットライト 〜スタイリッシュな空間づくりに〜

リビングなどの広い空間でスポットライトを手軽に楽しむ事ができる、シーリングスポットライトはモダンなデザインからアンティーク調のものまで豊富なデザインがあります。スポットライトのスタイリッシュな空間演出には欠かせないアイテムになりつつあります

シーリングスポットライト

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

リビングの照明器具についてもっと知りたい方へ

リビングの照明選びいかがでしたでしょうか。

もっと知りたいという方は実例を交えながら解説している記事がありますので、

こちらを参考にしてみてください。

お部屋に合ったおしゃれ照明選び〜リビング編〜

お部屋に合ったおしゃれ照明選び〜ダイニング編〜

 

ダイ二ングの照明といえば食卓を演出する目的で作られた照明がおすすめ。

楽しく会話の弾むダイニングの明かり作りは快適な明るさと光の質が重要です。料理を美味しそうに見せるには、電球色を使うのが一般的。レストランやホテルでも電球色を使っているところが圧倒的に多いですよね。

このページでは食卓で使われることの多いペンダントライトという照明器具を紹介していきます。

天井からコードで吊り下がり傘のついた光源なので食卓を効率よく明るく照らし、楽しい食事の空間を演出できます。

ペンダントライト 〜大きめのペンダントライトを使う〜

幅の大きな1灯式のペンダントライトはできるだけシンプルにダイニング空間を演出したい人向けの手法です。注意点としては二人掛けからコンパクトな4人掛けまでのテーブルライトとしてご検討頂くのが良いかと思います。

大きめのペンダイトライト

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

ダクトレールとペンダントライト 〜小さなペンダントライトで広い面積を照らす〜

レール上の好きな位置に照明をつける事ができるダクトレールなら幅の広いテーブルでもバランスよく食卓上を照らす事ができます。ダイニングの照明としては一番人気の演出方法になります。

ダクトレールとペンダントライト

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

壁付けスポットライト 〜天井の高い吹き抜け空間に〜

吹き抜けのダイニングでは壁面に設置するスポットライトやブラケットライトの併用で空間全体の明るさをあげるのが一般的です

壁付けスポットライト

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

ダイニングの照明器具についてもっと知りたい方へ

ダイニングの照明選びいかがでしたでしょうか。

もっと知りたいという方は実例を交えながら解説している記事がありますので、

こちらを参考にしてみてください。

お部屋に合ったおしゃれ照明選び〜ダイニング編〜

お部屋に合ったおしゃれ照明選び〜和室編〜

和室の照明といえば伝統的な日本の雰囲気を感じ取れる照明器具選びになりますが、和室といっても様々な和のテイストがあります。近年の和室といえば客間としての存在感が強い印象ですが、畳の香りと調和するデザインの和室照明は種類、デザインと豊富になっているのでお好みのものが見つかるのではないかと思います。

シーリングライト 〜和室向けデザイン〜

以前から和室空間にはシーリングライトが使われることが多く、和室の定番照明といえるライト。 和紙や木材、和風テイストの模様を張り込んだカバーなど、最近ではデザインを選べる和室照明が豊富になっています。LEDが主流となり和室照明にも調光機能、調色機能などが内蔵されています。

デザインが豊富になった和室向けのシーリングライトはインテリアのアクセントとして選択するのも面白いかと思います。

シーリングライト 〜和室向けデザイン〜

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

ダウンライト 〜和室向けデザイン〜

和室空間を広々と見せてくれる和風ダウンライトは、和室空間のインテリアデザインを損なわないように演出してくれる定番の照明です。定番の電球色以外にも白い光に変化させる機能を内蔵したダウンライトもございます。基本的には明るさを調節できるのが便利な使い方ができるかと思います。

ダウンライト 〜和室向けデザイン〜

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

ペンダントライト 〜和室向けデザイン〜

和室向けのペンダントライトは和室と相性のよい和紙、陶器、竹などの素材が使われています。ペンダントライトを用いる場合、座卓などの上に使用するのが基本で、人の通る場所では天井に近い位置に設置が必要となりますので空間とのバランスなどを検討して頂く必要があります。

ペンダントライトは和室空間のアクセントとにもあり、あかりも取れるおすすめの照明器具です。

ペンダントライト 〜和室向けデザイン〜

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

和室の照明器具についてもっと知りたい方へ

和室の照明選びいかがでしたでしょうか。

もっと知りたいという方は実例を交えながら解説している記事がありますので、

こちらを参考にしてみてください。

お部屋に合ったおしゃれ照明選び〜和室編〜

お部屋に合ったおしゃれ照明選び〜キッチン編〜

キッチン照明選びはこだわりが強いほど、選択が難しくなっていく照明器具です。機能性とおしゃれを兼ね備えるのがシンプルなキッチン照明では難しく、その中からキッチンではどんな照明を選べば良いか、作業スペースによりポイントをおさえて空間の明るさを求める方法など器具選びの難しいキッチン照明の使い方は様々です。一番重要視しなければならないところは快適な調理をサポートできる明るさとお掃除のしやすさなども大切なポイントになるのではないかと思います。

スポットライトを使ったキッチンの演出

ダクトレールを設置して置くことでスポットライトを自分好みに調整できるおすすめの方法です。イメージ画像は背面の収納用にダウンライトも設置しています。ダウンライトの位置についてもあまり左右に振らずにキッチンの中心を狙い設置されているのもポイントの一つになっています。

スポットライトを使ったキッチンの演出

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

間接照明で演出するキッチン空間

キッチンの演出方法も色々あります。シンク上にダウンライトで料理作業の手元の明るさを確実に確保しながら、背面の収納上下に間接照明を使っています。この場合の間接光は見た目だのものではなく、天井面から降り注ぐ光でキッチン周辺を明るくする効果も十分にあり、見た目と効果が十分に望める設置方法です。

建築設計段階やリフォーム時などの導入でないと難しいですが、素敵なキッチン空間の演出におすすします

間接照明で演出するキッチン空間

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

キッチンの照明器具についてもっと知りたい方へ

キッチンの照明選びいかがでしたでしょうか。

もっと知りたいという方は実例を交えながら解説している記事がありますので、

こちらを参考にしてみてください。

お部屋に合ったおしゃれ照明選び〜キッチン編〜

お部屋に合ったおしゃれ照明選び〜玄関編〜

玄関の照明は新築やリフォーム時の導入が一般的かと思います。玄関のレイアウトや造作家具により印象は大きく変わります。来客や帰宅など毎日利用する玄関はお家の顔としてすっきりとした素敵な空間にしたいですね。

ダウンライト 〜すっきりとした印象の玄関〜

ダウンライトを使うことで奥の廊下との導線を統一してすっきりとした見た目になっています。玄関の中心にダウンライトを集中配光させることで明るく印象のよい玄関に見えます。

ダウンライト 〜すっきりとした印象の玄関〜

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

シーリングライト 〜デザインを兼ねたシーリング〜

玄関に小型の天井照明を使う場合には内装色や雰囲気に合わせた機種を選べるのが魅力の一つです。ダウンライトとは異なり照明にもインテリアの空間演出をしてもらえます。廊下の内装に合わせて選べば統一感のある空間ができます。

シーリングライト 〜デザインを兼ねたシーリング〜

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

間接照明 〜こだわりを感じるお家の顔〜

収納の下や框の下に間接照明を設置する方法は、設計段階からの検討が必要です。玄関からこだわりを感じるおしゃれな空間演出ができることは間違い無しの照明設計です。

イメージ画像は収納の下に間接照明を設置していますが、玄関で間接照明を使う場合の注意点として、玄関土間の床素材選びに注意してください。マットなタイルなら照明器具が映り込むことは少ないですが艶のあるタイルを使う場合は収納下に設置された照明器具の形まで見えてしまい演出効果が半減してしまいます。

玄関に間接照明を選ぶ際は床の材質や間接照明の位置などを考えての配置をおすすめでします。

間接照明 〜こだわりを感じるお家の顔〜

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

玄関の照明器具についてもっと知りたい方へ

玄関の照明選びいかがでしたでしょうか。

もっと知りたいという方は実例を交えながら解説している記事がありますので、

こちらを参考にしてみてください。

お部屋に合ったおしゃれ照明選び〜玄関編〜

お部屋に合ったおしゃれ照明選び〜廊下編〜

廊下の照明選びは適切な間隔で設置して支障のない明るさの確保が必要です。基本的に廊下などの場所にはダウンライトが使われることが一般的ですが、壁面に絵画を飾っている場合などは、ユニバーサルダウンライトという光の角度を調整できる照明や、天井付のスポットライトを演出に使うこともできるので、廊下で絵画スペースを見つけたら、今後に備えて事前に照明設計をしていただくことをおすすめします。こういった照明は後付けが難しいので早めの検討が吉。

この他にも廊下の照明としてオススメしたいのは足元灯です。設置をしておけば、暗くなると夜間点灯してくれるものや夜間帯に人を検知すると点灯するものなど、ライトをつけることなく足元を導いてくれる足元灯も廊下の照明としておすすめです。

小型のシーリングランプ 〜廊下の照明〜

ダウンライトではなく小型シーリングライトを使う方法もあります。シーリングライトなら照明器具の存在感がでるのでインテリアのアクセントになります。ダウンライトのシンプルさも良いですが、空間のアクセントとしては飾り気のない廊下だからこそデザインのある照明を使った方が良い場合もあります。

小型のシーリングランプ 

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

足元灯 〜夜間の安全な歩行に最適〜

日中は消灯させ夜間は点灯させておくようなフットライトも廊下にはおすすめです。就寝中のトイレなど廊下の照明を点けずに床面をしっかりと明るく歩行を導いてくれます。LEDなのでわずかな電力で足元をしっかりと照らします。

足元灯

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

廊下の照明器具についてもっと知りたい方へ

廊下の照明選びいかがでしたでしょうか。

もっと知りたいという方は実例を交えながら解説している記事がありますので、

こちらを参考にしてみてください。

お部屋に合ったおしゃれ照明選び〜廊下編〜

お部屋に合ったおしゃれ照明選び〜トイレ編〜

トイレの照明にはトイレ空間に合った小型のシーリングライトやブラケットライト、ダウンライトなどを使用します。こだわったトイレ空間にしたい場合は間接照明でおしゃれなトイレ空間を演出することもできます。

間接照明でトイレ空間を演出する場合は設計段階での導入検討が必要ですが、うまく設置できれば日々の満足感も大きいですし来客の印象もグッとよくなるかと思います

天井や壁面に設置するトイレ用照明

トイレは天井や壁面に設置される照明が一般的です。人感センサー内蔵の照明なら人を感知して自動で点灯・消灯が可能で消し忘れを防止して省エネにも貢献してくれます。センサー内蔵のトイレ向き照明は種類が少ないので選択の自由度はあまりありませんが、人感センサーをトイレ内に設ければ好きな照明を取り付けることができておすすめです。

最近ではこの方法で施行されていることが多いかと思います。注意点としては人感センサーに制御させる照明器具には調光器に対応した照明でないと使えない場合がありますのでご注意ください

天井や壁面に設置するトイレ用照明

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

トイレ空間も間接照明で演出

トイレ空間にもこだわると素敵な空間になります。壁や天井、カウンターなどの造作を行って間接照明を使えば、おしゃれなトイレが出来上がります。建築設計段階の検討が必要なので、事前にトイレの雰囲気を決めておくのがおすすめです。

間接照明なら眩しい直接光を考慮した照明空間が作れますのでこの辺りも考慮すると良いかと思います

トイレ空間も間接照明で演出

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

トイレの照明器具についてもっと知りたい方へ

トイレの照明選びいかがでしたでしょうか。

もっと知りたいという方は実例を交えながら解説している記事がありますので、

こちらを参考にしてみてください。

お部屋に合ったおしゃれ照明選び〜トイレ編〜

お部屋に合ったおしゃれ照明選び〜階段編〜

階段照明といっても住宅環境、間取りにより階段の種類も様々です。一般的なまっすぐに伸びる階段ひとつとっても壁に覆われているのか、蹴込板のないスケルトン階段なのかによっても照明の選定が変わってきます、どのようなコーディネートをしながら安全に使える明るさを確保するのかが難しい場所でもあります。

階段に使うペンダントライト

吹き抜けと繋がった階段や上階スペースにはペンダントライトの設置が可能なスペースがあるかと思います。ペンダントライトならデザインが豊富に選べるのでインテリアの一部としても使うことができます

階段に使うペンダントライト

※画像をクリックして頂くと照明の詳細をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

階段の基本 ブラケットライト

階段に設ける照明器具はブラケットランプを使うことが一般的です。階段の形状やスペースに合わせて設置位置を選択するのが割と難しい照明ともいえます。折り返しのある階段なら邪魔になりにくいコーナー設置型の照明がおすすめですが、一般的なまっすぐに伸びる階段でブラケットライトを使う場合は設置位置に注意してください。設置する高さは平面図ではわかりづらいので事前に十分な確認をおすすめします。

ブラケットライト

※画像をクリックして頂くとブラケット照明の一覧をご覧いただけます「別ウインドウで開きます」

階段の照明器具についてもっと知りたい方へ

階段の照明選びいかがでしたでしょうか。

もっと知りたいという方は実例を交えながら解説している記事がありますので、

こちらを参考にしてみてください。

お部屋に合ったおしゃれ照明選び〜階段編〜

まとめ

いかがでしたか?照明といっても様々なものがあり、照明を変えるだけでお部屋の印象はガラッと変わります。

今回は、お部屋の照明をご紹介しました。

弊社では他にも多数、照明を揃えておりますので、是非、通販サイトをご覧ください。

この内容で送信します。よろしいですか?